Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/97-9c7550be

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

知る権利 vs 名誉毀損

知る権利 vs 名誉毀損
 人気ブログランキングへ


現在の日本では「知る権利」が蔑ろにされていると思います。
「知る権利」は、事実を知らせるメディアが存在しなければ成り立ちません。
テレビでコメンテーターがグダグダしゃべる偏向した意見を聞くよりも、事実を知りたい。

・・・

知る権利について調べて、要点を書き出しました。

要点
●知る権利とはアクセス権

●日本において多く語られるのはマスメディアへのアクセス権である。
「マスメディアに対する知る権利」として登場したのがアクセス権

●「知る権利」の根拠は憲法21条

●第二十一条【集会・結社・表現の自由、検閲の禁止、通信の秘密】
 1  集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
 2  検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
英文 
Article 21.
Freedom of assembly and association as well as speech, press and all other forms of expression are guaranteed.
No censorship shall be maintained, nor shall the secrecy of any means of communication be violated.


知る権利とは
Wikipediaから引用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アクセス権 (知る権利)
アクセス権(-けん)とはマスメディアに対して個人が意見発表の場を提供することを求める権利。反論記事の掲載要求(反論権)や紙面・番組への参加などがこれにあたる。

表現の自由の延長線上としてとらえられる比較的新しい概念である。

アクセス権、すなわち"right of access"の本来の意味は「入手・利用する権利」であり、これは非常に広汎に用いられる言葉である。そのため多義に解される用語であるが、日本において多く語られるのは 日本において多く語られるのはマスメディアへのアクセス権である。

背景
近代社会における言論の自由はもっぱら「国家からの言論の自由」を指し、そこではマスメディアと市民は協力して国家による抑圧に対抗する関係にあった。

しかしマスメディアの巨大化・寡占化に伴って、市民との間に対立構造が見られるようになる。言論・情報の市場を支配していくマスメディアに対し、有効な表現媒体を持たない一般国民が言論で対抗することが難しくなった。結果として、大衆は言論・情報の「受け手」として固定化されるようになってきた。これは放送メディアの台頭によって決定的となる。

このような状況を打開するため、表現の自由について考え直す必要があるという議論が行われるようになった。知る権利の概念もそうした中で生まれてきたものであるが、それらの考えをさらに一歩進め、「マスメディアに対する知る権利」として登場したのがアクセス権と言える。


アクセス権の具体的内容としては様々なものが考えられているが、最も重視されるものとしてはマスメディアの見解・批判に対して反論の機会提供を請求する権利(反論権)や、意見広告の掲載を求める権利があげられる。何らかの形で紙面・番組に参加する権利もアクセス権の一つとして数えられる。

反論権という用語はしばしば異なった定義で使われるが、最も広義にとらえた場合、「マスメディアが批判報道を行ったことに対して、それが法的に名誉毀損にあたらずとも、批判記事と同分量の反論文を無料で掲載することを要求できる権利」となる。
これらの権利を表現の自由の一形態としてとらえる場合、その根拠は憲法21条に求めることになる。ただし憲法はもともと国家と私人の関係を規定するものであり、私人対私人の関係にあるアクセス権をどの程度導き出すことができるのかといった問題もある。

アクセス権を認める場合に最も懸念される問題として、マスメディアに対する言論抑圧の可能性があげられる。反論権など具体的な請求権を法的権利とした場合、公権力による規制が行われることになり、マスメディア自体の持つ表現の自由が直接に侵害されたり、批判的報道に対して萎縮的効果を及ぼす危険がある。

また近年ではインターネットの普及が見られ、これまで受け手とされてきた一般国民が情報発信で対抗するのも可能であるとする意見もある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
引用終わり


日本の危機!
「知る権利」に応えるための「知らせる活動」が名誉毀損で訴えられました。
公共の利益のために、事実を発言して訴えらるような社会になってしまったら、日本は終わりでしょう。

次の動画は
せと弘幸Blog『日本よ何処へ』
公明党有志はなぜ消えたの? (6月23日の記事)
からの転載です。


☆17日の立川の動画ご紹介!

PeeVee.TV版
平成21年6月17日立川駅前創価学会糾弾街宣
http://peevee.tv/v?5lq781

YouTube版
平成21年6月17日立川駅前創価学会糾弾街宣
http://www.youtube.com/watch?v=L928u290WbM

PeeVee.TV版
カルト教団による言論弾圧の実態!(1/3)
http://peevee.tv/v?5lz01c
カルト教団による言論弾圧の実態!(2/3)
http://peevee.tv/v?5lz149
カルト教団による言論弾圧の実態!(3/3)
http://peevee.tv/v?5lz297
【番外編】6月22日の警察の対応
http://peevee.tv/v?5lzn71

YouTube版
カルト教団による言論弾圧の実態!(1/3)
http://www.youtube.com/watch?v=fXewdfeuulw
カルト教団による言論弾圧の実態!(2/3)
http://www.youtube.com/watch?v=RLHIhBHzeFU
カルト教団による言論弾圧の実態!(3/3)
http://www.youtube.com/watch?v=6-ngNngbtU8
【番外編】6月22日の警察の対応
http://www.youtube.com/watch?v=c2aZsh5FpBc
再生リスト
http://www.youtube.com/view_play_list?p=A42C0D6EB19D364C

ランキングに参加しています。応援宜しくお願いします

↓↓↓FC2ランキング


↓↓↓人気ブログランキング
人気ブログランキングへ 




スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/97-9c7550be

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パチンコ賭博追放運動

Author:パチンコ賭博追放運動
連絡先
patituimv@gmail.com

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。