Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/666-ad4b4100

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

浜田藩と長州藩の和紙生産

浜田藩と長州藩の和紙生産
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ にほんブログ村←応援クリックお願いします

o0800113211222992737[1]
↑クリックで拡大します。

長州藩の財政改革を調べていたら、『防長四白(ぼうちょうよんぱく)政策』が出て来ました。4白とは、米・紙・塩・ろうの4つを言い、どれも白いことからこう呼ばれます。長州藩では四白が大きな収入源になりましたが、浜田藩も紙の製造に力を入れました。、

防長四白(ぼうちょうよんぱく)・四白政策-Wikipedia
1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いで敗れた毛利氏は、中国地方(安芸国・周防国・長門国・備中半国・備後国・伯耆半国・出雲国・石見国・隠岐国)約120万5000石から周防・長門2ヶ国約36万9000石に減封され、藩財政は非常に苦しい状況となった。そのため、内政の強化に注力する長州藩は、厳しい検地による石高の向上(増石)を図ると共に、藩外に出荷して収入源にできる特産物として米に加えて塩と紙(和紙)に着目した。
・・・・・

紙(和紙)の原料となるコウゾ・ミツマタは痩せた土地でも栽培ができるため、水田が少ない中山間部(現在の山口市徳地、周南市の鹿野や須万、岩国市の一部である山代地方など)が主な産地となった。徳地和紙や山代和紙は品質が良いことで広く知られていた。また、須万では400戸の家が紙を漉いており、同地を治める徳山藩(長州藩の支藩)で産出される和紙の3分の2が周防須万の須金地区で作られた須金和紙である頃もあったとされる。長州藩は全国の製生産高の30%を占め、全国一の製紙国として藩財政に大きく寄与したとされる。

・・・・・

浜田藩
石州半紙を製造
寛政10年(1798年)創刊『紙漉重宝記』に石州半紙製造の工程がかいてあります。
紙漉重宝記5_1.jpg


紙漉重宝記_楮干し.jpg

紙漉重宝記_16干し.jpg

紙漉重宝記_裁断.jpg

・・・・・
江戸幕府、松平定信の寛政の改革(1787年~1793年)
長州藩、毛利重就の宝暦の改革(1758年~1770年)

このころは、幕府も藩も改革をしなければなりませんでした。


・・・・・・・・・・
続きます
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/666-ad4b4100

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パチンコ賭博追放運動

Author:パチンコ賭博追放運動
連絡先
patituimv@gmail.com

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。