Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/663-6bd87db6

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

長州藩での財政立て直しと治水事業

長州藩での財政立て直しと治水事業
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ にほんブログ村←応援クリックお願いします

o0800113211222992737[1]
↑クリックで拡大します。

益田元祥
益田元祥(ますだもとよし、益田氏20代当主)

慶長五年(1600)、元祥(もとよし)は益田を去って長州藩の須佐(すさ)に移りました。それから、逼迫した毛利氏の財政立て直しに尽力し、以後益田氏は毛利氏の永代家老となり、江戸幕末まで家老職を歴任しました。

これからしばらくは、益田氏の財政立て直し政策や、治水事業の事跡を調べていきたいと思います。

先ずは、長州における益田氏の財政立て直しと治水事業を見てみます。
益田氏と須佐.jpg

元祥の大事業は毛利氏の逼迫した財政を整理したことである。又特に元和年間に生じた四千貫の負債を十余年かかって遂に負債を償却した上に、銀千三百貫、大判三千両、砂金四貫匁を城中の倉庫に、非常用特別貯蓄として蔵するようまでになった。これを御納戸倉の貯蔵と世に言われる。実に毛利家宝蔵貯金の起源である
(『益田氏と須佐』77ページ)

二十九代 益田就祥(ますだなりよし、兼祥・喜次郎・越中・又兵衛)
寛保三年(一七四三)四月二十八日に益田廣堯の五男として生まれた。明和二年(一七六五)五月五日に家督を相続した。同年七月十六日留守居役となり、安永五年(一七七六)当職に転じた。明和三年(一七七六)三月十八日美濃・伊勢の河川普請手伝につき、惣奉行として、美濃の笠松へ出役した。
(『益田氏と須佐』112ページ)



・・・・・・・・・・
続きます
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/663-6bd87db6

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パチンコ賭博追放運動

Author:パチンコ賭博追放運動
連絡先
patituimv@gmail.com

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。