Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/640-33dbae6d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

通訳案内士(特区ガイド)とは何か?

通訳案内士(特区ガイド)とは何か?
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ にほんブログ村←応援クリックお願いします

o0800113211222992737[1]
↑クリックで拡大します。

通訳ガイド.jpg

通訳ガイド1.jpg

応募締切りは4月26日で、すでに講座は始まっています。
高津川は水がきれいな事で有名ですが、それは地元住民の努力によって支えられています。しかし、特区通訳案内士は、募集要件のハードルが高すぎて、地元住民が参加できません。語学が得意な一部の人だけを優遇することになりはしないか?

・・・・・
通訳案内士について調べたメモ書きです。

●特区事業である。
●高津川特区である。
●募集は、市の広報では行わなかった。
●ホームページの掲載と、観光協会と商工会議所にパンフレットを置いた。
●民間の語学教室に通知した。
●通訳案内士(特区ガイド)の資格を得ると、報酬を得ることができる。
●応募資格はTOEIC730点以上、観光英検1級、もしくは英検2級以上、英語以外の言語
●資格は総合特区限定である。
●特区通訳案内士(特区ガイド)は通訳案内士試験(国家試験)ではない。
●英語、中国語、仏語、韓国語の通訳の募集をした。
●応募者、英語(16名)。中国語(0名)、仏語(0名)、韓国語(2名)
●語学講師は東京から来てもらう。

・・・・・・・・・・・

高津川流域特区通訳案内士養成研修受講生募集要項

1 特区通訳案内士について

(1)制度の概要
益田地区広域市町村圏事務組合では、総合特別区域法に基づく『森里海連環高津川流域ふるさと構想特区』計画が認定されたことにより、有償で益田圏域を案内できる特区通訳案内士登録制度を創設しました。
本来、報酬を得て、通訳ガイド(外国人観光客に付き添い、外国語で旅行に関する案内をすること)を行うためには、国家資格である「通訳案内士」の登録が必要となりますが、この制度では、益田地区広域市町村圏事務組合(特区自治体)の実施する研修を修了し、組合に登録することによって、益田圏域(益田市、津和野町、吉賀町)内に限り、有償で通訳ガイドを行うことができるものです。

(2)対象言語
  英語、フランス語、中国語、韓国語

(3)制度の対象となる区域 
益田市、津和野町、吉賀町内


2 研修概要について

(1)名  称
高津川流域特区通訳案内士(益田圏域限定通訳ガイド)養成研修

(2)研修科目及び研修時間
  ○選択科目 語学(英語、フランス語、中国語、韓国語の中から選択) 16時間
  ○共通科目 オリエンテーション      2時間
益田圏域の地理・自然・産業 12時間
          〃  歴史・文化・観光 12時間
ホスピタリティ        4時間
ガイドスキル         4時間
救急救命           5時間
旅程管理           8時間
実地研修(修了試験を含む) 20時間

※ 語学については、英検などの資格区分等によって、別途15時間の強化講座を受講していただく場合があります。
(3)研修スケジュール
○研修期間 5月25日(土)から9月21日(土)までの間
○修了試験 10月5日(土)
※ 詳細は別紙研修日程表をご覧ください。

(4)研修会場
益田市、津和野町内を会場としますが、詳細については後日お知らせします。

(5)受講料
受講料は無料です。ただし、研修会場までの交通費、昼食費等は自己負担となります。

(6)応募条件
次に掲げる語学力の要件を満たす方で、訪日外国人へのホスピタリティ・ガイド業務に関心がある方。
  ≪語学力の要件≫
○英語を選択される方
 … TOEIC730点以上、または観光英検1級、もしくは英検2級以上を
取得していること。
○英語以外の語学(フランス語、中国語、韓国語)を選択される方
 … 日常会話など、英検2級相当レベルの基礎的語学力を有すること。
   ※ 英検に合格していない方であっても研修を受講できます。ただし、修了試験を行う前月末(9月末日)までに英検2級以上に合格しておく必要があります。

(7)募集定員
10名程度。
   ただし、申し込みが殺到した場合は、抽選とさせていただくことがありますので、ご了承ください。


3 修了試験について

  所定の研修を終了した後、実技演習方式による修了試験を行います。
  ここでは、研修の理解度を測るほか、語学のスピーキング能力やプレゼンテーション能力等を測定することとしており、この試験に合格することが、特区通訳案内士の登録要件となります。
ただし、修了試験を受験するためには、各研修の出席状況や語学研修後の習熟度テスト等において、一定の基準をクリアしておくことが必要です。


4 研修の申し込みについて

(1)申込期間
   平成25年4月1日(月)~4月25日(木)

(2)申込方法
・ 益田市ホームページ → 益田地区広域市町村圏事務組合企画振興課より受講申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、下記事務局まで郵送(4/25当日消印有効)又はFAXにてお申し込み下さい。
  ※ 申請書は当組合へ直接請求されても構いません。また、FAXにて申請される場合、確認のため送信後は事務局までご連絡願います。
・ 受講申込書受領後、研修会場等必要事項についてお知らせします。5月15日(水)までに連絡がない場合には事務局までお問い合せ下さい。

(3)申し込み及びお問い合せ先
   〒698-8650 益田市常盤町1-1
   益田地区広域市町村圏事務組合企画振興課
   ℡:(0856)31-0226  Fax:(0856)31-0315
   ホームページ http://www.city.masuda.lg.jp/


5 特区通訳案内士についての留意事項

・ 修了試験に合格した方は、益田地区広域市町村圏事務組合に申請して登録を受けることにより、特区通訳案内士として活動することができます。試験に合格しても登録を受けない場合には、有償で通訳ガイドを行うことができませんのでご注意下さい。
  なお、登録の詳細は、修了試験の合格発表時に文書にてお知らせします。

 ・ 特区通訳案内士に認定されましても個人の収入・その他の利益を保障するものでないことをご了承下さい。

 ・ 特区通訳案内士は、日本政府観光局(JNTO)が実施する「通訳案内士」とは異なりますので、益田圏域(益田市、津和野町、吉賀町)外にて有償で通訳ガイド活動を行うことはできません。正規の「通訳案内士」として活動を希望される方は、指定された試験を受験して下さい。
   なお、特区通訳案内士の資格を取得しても、通訳案内士試験(国家試験)の科目免除等の措置はございません。




・・・・・・・・・・
続きます
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/640-33dbae6d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パチンコ賭博追放運動

Author:パチンコ賭博追放運動
連絡先
patituimv@gmail.com

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。