Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/630-bdfa667b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

第13回石見の人麻呂_石陽講座Ⅴ

第13回石見の人麻呂_石陽講座Ⅴ
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ にほんブログ村←応援クリックお願いします

o0800113211222992737[1]
↑クリックで拡大します。

平成25年6月10日、講座『石見の人麻呂』があり、20名くらいの参加者がありました。
石陽講座V.jpg

高津には柿本神社があります。また、高津川には『高角橋』という橋もかかっています。単純なようですが、私はずっと『高角山』は高津の山だと思ってきました。しかし、今回の講座では『高角山』は江津にある山だという話があったので、少なからず衝撃を受けました。

今回のテキストです。
講座テキスト.jpg

13ページ
石見のや、ささのはは.jpg

石見の海 角の浦廻を 浦なしと 人こそ見らめ 潟なしと 人こそ見らめ よしゑやし 浦は無くとも よしゑやし 潟は無くとも 鯨魚(いさな)取り 海辺を指して 和多津(にきたづ)の 荒磯の上に か青なる 玉藻沖つ藻 朝はふる 風こそ寄せめ 夕はふる 浪こそ来寄せ 浪の共(むた) か寄りかく寄る 玉藻なす 寄り寝し妹を 露霜の 置きてし来れば この道の 八十隈毎に 万(よろづ)たび かへりみすれど いや遠に 里は放(さか)りぬ いや高に 山も越え来ぬ 夏草の 思ひ萎えて 偲ふらむ 妹が門見む 靡けこの山

反歌二首
 石見のや 高角山の木の際より わが振る袖を妹見つらむか

 小竹の葉は み山もさやに乱げども われは妹思ふ別れ来ぬれば

・・・・・・
しかし、高角山が江津であろうと、人麻呂の歌はすばらしく、また力があった。
テキスト1ページ

殊に、不比等(藤原不比等)は柿本人麻呂の歌に寄せる言霊による「言挙げ」を極端に嫌っていた節がある。あたかも人麻呂が政治を独り占めしているかのような節があるとよこしまに考えていたのではなかろうか。人麻呂から宮廷歌人の任務を解いたのである。・・・


1ページ.jpg


・・・・・・・・・・
続きます
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/630-bdfa667b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パチンコ賭博追放運動

Author:パチンコ賭博追放運動
連絡先
patituimv@gmail.com

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。