Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/616-b9a60c77

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

憲法前文_現実離れと自己矛盾

憲法前文_現実離れと自己矛盾
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ にほんブログ村←応援クリックお願いします

o0800113211222992737[1]
↑クリックで拡大します。

今の憲法では国を守ることができないことが実感としてわかるようになってきました。いまこそ一般庶民が憲法について語り、その問題点を明確にするべき時です。
・・・・・

前文
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いずれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従うことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。

・・・・・
憲法前文の問題点

【現実離れ、現実と合致しない】
>日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

北朝鮮による拉致。それから核実験、ミサイル発射。シナ中共による尖閣諸島への侵犯など。平和を愛する諸国民どころか、戦争を仕掛けてきているではありませんか。


【自己矛盾】
>そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、

だから、外国人参政権は憲法違反でダメだろう。なぜ民主党は賛成するのか、へんだ。


>日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。

まずは国家の名誉を回復しなければならない。
従軍慰安婦や南京大虐殺など、日本の名誉を傷つける捏造はしっかり論破しなければならないのだが、テレビ・新聞のマスメディアからでは困難だ。

>政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し、

戦争が起きないようにするためには、自分たちの具体的努力によって抑止力もち、戦争を起こさせないようにしなければならない。
しかし、日本のマスコミにはその意識が弱い。

・・・・・
憲法の前文に関する動画
15分30秒あたりから
北朝鮮は拉致をしたことを悪いと思っていない。
北朝鮮もその他の国も自分たちこそ公正と信義があると思っている。

25分10秒あたりから
自分たちの具体的努力によって抑止力をもって戦争を起こさせないようにするという意識がマスコミは弱い

【青山繁晴】日本国憲法前文の精神と、韓国軍の緩み[桜H22/7/2]



・・・・・・・・・・
続きます
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/616-b9a60c77

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パチンコ賭博追放運動

Author:パチンコ賭博追放運動
連絡先
patituimv@gmail.com

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。