Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/571-60d8a1ac

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

日本と支那の違い、易姓革命

日本と支那の違い、易姓革命
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ にほんブログ村←応援クリックお願いします

o0800113211222992737[1]
↑クリックで拡大します。

このところ地元の歴史を調べているが、それは日本と支那の違いを明確にするという目的もある。支那はなぜ見え透いた嘘をついて尖閣の領有権を主張するのか?
また、今まで「日中友好」だったはずだが、最近では支那が領海侵犯・領空侵犯を繰り返している。いつ衝突が起こっても不思議ではない。「日中友好」は騙しだった。なぜ、支那は騙すのか?
それで、黄文雄氏の本を読んだらなるほどと思うことがかいてある。それは「こんなに違う日本と中国の戦争観」であり、また「易姓革命」もある。
戦争の歴史・日本と中国―こんなに違う、日中の戦争観!戦争の歴史・日本と中国―こんなに違う、日中の戦争観!
(2007/10)
黄 文雄

商品詳細を見る

応仁の乱について書いてある。
日中の都城の歴史はこうも異なる_84ページ

室町時代の八代将軍足利義政のときに起こった内乱、応仁の乱(1467~77年)は、室町幕府管領の細川勝元と山名持豊(出家して宗全)らの有力守護大名が争い、戦国時代に突入するきっかけとなった戦いで、その戦場の京都に始まり、九州など一部の地方を除く全国に拡大した。
・・・
一方、中国では都城が戦場になることが多く、都城はたびたび修羅場となった。そして、都城内には戦乱で倒れた人々の白骨が山のように積まれ、戦乱時に食糧難となると都の民衆同士が共食いをはじめる。これが中国の都城における最大の特徴だ。このような現象が起こるのは、中国が易姓革命の国家だからである。そして、易姓革命は中国の戦争文化の形成にじつに大きな影響を及ぼしたのだった。
・・・
中国では、西安、洛陽、開封、北京、南京へと変わる歴代王朝の都の歴史が、都城の興亡の歴史でもある。中国には、京都のように平安遷都以来千年以上も続く都城は存在しない。それは、易姓革命の国である中国と、万世一系の国の日本との文化的・社会的な違いからくるものであろう。戦争文化の違いが、日中の異なる都城の歴史の歩みを作り上げたのだった。

・・・・・

易姓革命とはーWikipedia

天は己に成り代わって王朝に地上を治めさせるが、徳を失った現在の王朝に天が見切りをつけたとき、革命(天命を革める)が起きるとされた。
<中略>
後漢(劉氏)から魏(曹氏)のように、前王朝(とその王族)が徳を失い、新たな徳を備えた一族が新王朝を立てる(姓が易わる)というのが基本的な考え方であり、本来、日本で言われているような「単に前王朝の皇室が男系の皇嗣を失って皇統が断絶する」ような状況を指す概念ではない。中国においても別姓の養子に皇帝の位を継承した五代の後周のような例もあり、血統の断絶ではなく、徳の断絶が易姓革命の根拠となる。
<中略>
このように、易姓革命論は実体としては王朝交代を正当化する理論として機能していたと言える。またこのような理論があったからこそ劉邦や朱元璋のような平民からの成り上がり者の支配を正当化することが出来たとも言える。これは西洋において長年に渡る君主の血統が最も重視され、ある国の君主の直系が断絶した際、国内に君主たるに相応しい血統の者が存在しない場合には、他国の君主の血族から新しい王を迎えて新王朝を興す場合すらあるのとは対照的である。また、日本では、山鹿素行など江戸時代の学者が「易姓革命は結局臣が君を倒すことで、そのようなことがしょっちゅう起こっている中国は中華の名に値しない。建国以来万世一系の日本こそ中華である」と唱えた。素行の著「中朝事実」はそのような思想によって記された日本史の本である。

・・・・・
では大寧寺の変はどうか?

大寧寺の変ーWikipedia

大寧寺の変(だいねいじのへん)とは、天文20年8月28日 - 9月1日(1551年9月28日 - 9月30日)にかけて起こった、周防山口の大名である大内義隆が家臣の陶隆房(晴賢)に自害させられた政変である。この事件で西国随一の戦国大名とまで称されていた大内氏が実質的に滅亡し、西国の支配構造は大きく変化した。後年の本能寺の変と並ぶ事件であったといってもよい。

陶隆房が主君・大内義隆を自害させた大寧寺の変でも、「易姓革命」とはことなる。陶隆房は大内義隆を討ったが、新しく擁立した大友晴英(のち大内義長)、晴英の生母は大内義隆の姉だった。大内氏が断絶したわけではなかった。
支那の「易姓革命」とは異なり、守るべきものは守っている。

日本と支那の違いをハッキリさせよう!

・・・・・・・・・・
続きます
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/571-60d8a1ac

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パチンコ賭博追放運動

Author:パチンコ賭博追放運動
連絡先
patituimv@gmail.com

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。