Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/570-f8c025cf

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

応仁の乱、大寧寺の変_政治を放棄し文化に溺れた主君の過ち

応仁の乱、大寧寺の変_政治を放棄し文化に溺れた主君の過ち
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ にほんブログ村←応援クリックお願いします

o0800113211222992737[1]
↑クリックで拡大します。

応仁の乱
足利義政_後継者問題から応仁の乱へーwikipedia

・・・・、飢饉や災害が相次ぎ、特に寛正2年(1461年)の寛正の大飢饉は京都にも大きな被害をもたらし、一説では賀茂川の流れが餓死者の死骸のために止まるほどであったとされる。このような状況の中、義政は邸宅や日本庭園の造営などや猿楽、酒宴に溺れていった。殊に寛正の飢饉の間に、それを意に介さずに花の御所(京都市上京区)を改築し、後花園天皇の勧告さえも無視したことは悪名高い。
寛正4年(1463年)に母重子が没したため、畠山義就と斯波義敏父子を赦免した。但し、追討令解除と身の安全の確保に過ぎず、当主復帰は認められなかった。寛正5年(1464年)に勧進能を行い、同年に隠居を考えるようになり、富子との間に嫡子が恵まれなかったため、実弟の義尋を還俗させて足利義視と名乗らせ、養子として次期将軍に決定した。
ところが、寛正6年(1465年)に富子に男児(後の足利義尚)が誕生した。富子は義尚の将軍後継を望み、政権の実力者であった山名宗全に協力を頼んだ。一方の義視は管領の細川勝元と手を結んだ。この足利将軍家の家督継承問題に対し、義政はどちらにも将軍職を譲らず、文化的な趣味に興じるなど優柔不断な態度を続けた。


・・・・・
大寧寺の変

大内義隆、文治体制
天文11年(1542年)、出雲に遠征して月山富田城を攻囲するも、配下の国人衆の寝返りにあって尼子晴久に大敗した(月山富田城の戦い)。しかも、この敗戦により養嗣子の大内晴持を失ったため、野心や政治的関心を失ってもともと関心の強かった文人的傾向が強まり、文治派の相良武任らを重用した。このため、武断派の陶隆房や内藤興盛らと対立するようになる。


大内義隆_福尾猛市郎

義隆の学問・芸道
1 儒学
2 漢詩文
3 仏学
4 和歌と連歌
5 有職学
6 その他の学問・芸道
・・・・・
平和な時代ならともかく、戦国時代の将軍や戦国大名が政治を忘れ風流・学芸に溺れると世の中は大混乱に陥る。秩序は乱れ、争いが始まり戦争となり、沢山の人命が失われる。

大寧寺の変について(三)
3_9_陶隆満β

3_9_陶隆満書状_相良虎王


・・・・・・・・・・
続きます
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/570-f8c025cf

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パチンコ賭博追放運動

Author:パチンコ賭博追放運動
連絡先
patituimv@gmail.com

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。