Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/545-79b3c7dc

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

支那の危うい世界最高ビル計画、国学者の支那観

支那の危うい世界最高ビル計画、国学者の支那観
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ にほんブログ村←応援クリックお願いします

o0800113211222992737[1]
↑クリックで拡大します。


中国で世界最高層ビル計画 湖南省に838メートル 工期わずか7カ月で…大丈夫?
2012.6.12 11:59
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120612/chn12061212020003-n1.htm

中国の建設大手、遠大集団が湖南省長沙に工期わずか7カ月で完成を予定している地上高838メートル、220階建ての世界最高層ビル「空中城市」の完成イメージ図
 【上海=河崎真澄】中国の建設大手、遠大集団(北京市)が、世界で最も高い838メートルの超高層ビル「空中城市」を湖南省長沙に建設する計画を進めている。中国紙、東方早報によると、構造体をモジュール化して組み上げる工法で近く本格着工し、7カ月という猛スピードで年末までに完成させる予定という。

 地上220階建ての空中城市は、計画通りに完成すれば、現在、世界一の高さのアラブ首長国連邦(UAE)ドバイのビル「ブルジュ・ハリファ」(地上828メートル)を10メートル抜くことになる。建設費は40億元(約520億円)。オフィスや住宅、商業施設として活用する。完成時には3万人以上の収用が可能だ。

 中国本土で最も高いビルは、森ビルが建設した「上海環球金融中心」(101階建て、492メートル)。遠大集団はその隣接地に128階建て、632メートルのビル「上海センター」も建設している。

 同社は湖南省岳陽市で昨年、30階建てホテルを15日間で完工させた実績もあるとしているが、業界関係者は、「高層建築は地上400メートルを超えると(それ以下の高さの建物とは)別世界の高度な工法と経験が要求される」と話している。

 欧州債務危機の影響で景気減速局面にある中国。実現すれば世界一の高さとなる超高層ビルのスピード建設を、高度成長回復に向けた象徴的なプロジェクトにする狙いもありそうだ。

・・・・・

支那の象徴的なプロジェクトは「世界一の高さ」と「スピード建設」か。
危なっかしい。
ガッカリするな。
何か、威圧するような、誇示するような。
世界から感謝されるような、もうちょっとマシなプロジェクトを思いつかないのかな。
いや、そんなこと期待するだけ無駄。無意味。
有り得ない。
支那は侵略国家だ。
チベット、東トルキスタン、モンゴルなど周辺の国を酷く苦しめている、侵略国家だ。

・・・・・
支那と商売をして金儲けしたい人たちがいる。
商売だけにしてくれ。
どういうわけか、支那は内政干渉したがる。
相手が弱いと見るや、異常に侵略的になる。
しかし、相手が強いとコロッと譲歩する。
だから、日本が強くなればいい。日本が強くなれば東アジアは安定する。
・・・・・
支那の歴史を見ればわかることだが、「古ヘより今に至るまで、久しく治まった」ためしがない。
久しく治まったためしがないので、興亡を繰り返し、誇るべき文化遺産が無い?、少ない。
支那共産党の文化大革命で破壊された。

国学者・本居宣長の『玉くしげ』・『秘本玉くしげ』では、支那のことを唐土と呼んでいる。
宣長が支那・唐土について述べている箇所を書き出した。


◇『玉くしげ』・『秘本玉くしげ』
http://www.norinagakinenkan.com/norinaga/shiryo/tamakushige1.html

●唐土の政治
さればこそさばかり議論かしこくとりおこなふ唐土の代々に、久しく治平のつゞけることはなし、彼國は學問をよくし、かしこき智者どもの世々に出て、面々さまざまのよき料簡を立れども、古ヘより今に至るまで、つひに治まり方宣しくて、其政の久しく行はれたることなし、

惣じて古ヘより唐土の國俗として、何事によらず、舊きに依ることをば尚(タツト)ばず、たゞ己が私智を以て考へて、萬の事を改め易(カ)へて、功を立んとするならはし也、

●儒者の料簡
然るを此方にても、儒者の料簡は、ひたすらかの唐土のかたをよき事に思ひて、物事を己が心もて改め變(カヘ)んとする、かの儒者かたぎの一種の料簡と申すはこれ也、

儒者はとかく唐土の治めかたをよろしきやうにいへども、かの代々の治まりぶり、學者の論議のやうにはゆかざるを以て、その實はよろしからざることをさとるべし、

●唐土の軍事
武道をば心がくべき事也、さて唐土の通俗の軍書共は、見て益すくなし、國の模様も大にかはり、時代も遠ければ、間(マ)にあはぬ事のみ多し、

●拙い
かの國の古ヘの名將共の、大利を得たる計策など、今の人に用ひて、心やすく欺かるゝ物にあらず、其外すべて唐土は、軍法議論などは道理をつくして尤に聞え、甚巧者なるやうに見ゆれ共、實用に至ては、さやうにもあらず、軍の仕方は、此方の近代にくらぶれば、大きにつたなし、

●恐れるのは間違い
然るを世人の心に、唐土といへば、軍の仕方も格別に妙なるべきもののやうに思ひ、又殊の外大國と心得、それに應じて軍勢も、甚大軍なるべきやうに心得て、おぢ恐るゝは、皆大なるひがこと也、

●実際の軍兵は10万未満
既に豐臣太閤朝鮮御征代の時、唐土よりの加勢の軍などをも、此方の人は、或は五十萬百萬などと聞て、おびたゝしきことのやうにいひふらしつれども、大なる相違にて、其時の軍兵、始終十萬にも過たることはなし、

すべて唐土は何事もみなかくの如くにて、議論法術はいと巧に聞ゆれ共、實用に至てはさもあらざる事、此一事を以てもおしはかるべし、

殊にかの蔚山の城を攻し時の軍には、唐土朝鮮の全力をつくしたりしよし、彼國の書に見えたるを、それさへ右の如く、あさましき敗軍に及びたりしを思ふべし、

又此方戰國のころ、西國邊あふれ者共、唐土へ渡りて、濫放狼藉せし事、明の代の書共に多く見えて、倭寇と稱して、殊の外に恐れ、度大に手にあまりて靜めかね、國中の大騒動なりし事也、

●唐國の軍法は拙く弱い
これを以ても、唐國の軍法の拙く弱き事を知るべし、然るを例の唐びいきの儒者などの、ひたすら彼國の軍法などをほめあげ、高ぶりて、武士をおどすは、いとをかしくかたはらいたき事也、


・・・・・・・・・・
続きます
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/545-79b3c7dc

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パチンコ賭博追放運動

Author:パチンコ賭博追放運動
連絡先
patituimv@gmail.com

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。