Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/541-5ea56c2d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

マスゴミは「原発ゼロ」のゴリ押し報道をやめろ!読者に押し付けるな!

マスゴミは「原発ゼロ」のゴリ押し報道をやめろ!読者に押し付けるな!
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ にほんブログ村←応援クリックお願いします

o0800113211222992737[1]
↑クリックで拡大します。

テレビや新聞は「原発ゼロ」の報道を連日やっている。これは、もうゴリ押しだ。東北大震災までは、地球温暖化防止やCO2削減など頻繁に報道していた。マスゴミはCO2削減はもうどうでもいいのか。

原発はCO2を出さない。CO2削減に原発は適している。現在、原発を停止しているために、火力発電所はフル稼働だ。

島根県浜田市に三隅火力発電所がある。出力100万キロワット。国内で最大級の火力発電所だ。
三隅火電の1日の石炭の消費量は、8000トン。10tトラック800台分の石炭を燃やす。
年間にすると、200万トン~300万トンの石炭を燃やして、二酸化炭素を大量に排出する。

新聞は、地球温暖化防止やCO2削減についてもきちんと書くべきだ。
日本は原発ゼロにすべきではない。核の技術を維持すべきだ。

なぜ、原発を維持すべきか、自民党・石破幹事長が分かりやすく語っている動画をご覧ください。


自民党政調会長 石破茂 原発


原子力を導入することにはものすごいハードルが高かったのだと思いますよ。
絶対安全なのだというね、そういう神話みたいなものを、政治的には作り出さざるを得ない状況でだったのではないですかね
政治は結果責任ですから、責任は自民党が相当程度負わねばならないものです。
きちんと検証することなく電力会社あるいは経産省、そういうことを
あえて言えば鵜呑みにしてきた責任は免れないことだと思います。

ナレーション
<原子力政策を推進してきた自民党。今回の事故について石破氏は自民党にも責任はあるという。その上で原発はやはり必要だという。>

原発のウエートを減らしていきながら、再生可能エネルギーのウエートを高めていくいう方向性については異存はありません
ですけども、原発をなくすべきということを目標とするやり方はには賛成しておりません
原子力発電というものが、そもそも原子力潜水艦から始まったものなので、その、日本以外のすべての国は原子力政策は核政策とセットなわけですよね
ですけども、日本は核を持つべきだと私は思っておりません。
しかし、同時に日本は(核を)作ろうと思えばいつでも作れると。1年以内に作れると。
それは一つの抑止力ではあるのでしょう。
それを本当に放棄していいですかということは、もっとそれこそ突き詰めた議論が必要なんだと思うし、私は放棄すべきだとは思わない
なぜならば日本の周りはロシアであり中国であり北朝鮮でありそしてアメリカ合衆国であり
同盟固か否かを捨象して言えば、核保有国が日本の周りを取り囲んでおり
そして弾道ミサイルの技術を全ての国が持っているということは決して忘れるべきではありません

<3.11の前後で何か変わりましたか?>

原発に限らずこの世の中に絶対ということはあり得ないということをみんなよく認識したのだと思いますよ。
日本って絶対神話ってのがはやりますよね
戦艦大和は絶対沈まないだとか日本は神の国なので絶対負けないとかね
だけど突き詰めた議論なしに絶対神話を作る日本の悪癖
あるいは議論を突き詰めずに、仕方ないじゃないかとか、やむを得ないじゃないかとか、そういう物事の決め方。
それは決していい結果をもたらすことがありませんよね
日本人はもっと突き詰めてモノを考えるべきだし、そうでなければ、結果は決して幸せにならないということだと思います。



・・・・・・・・・・
続きます
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/541-5ea56c2d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パチンコ賭博追放運動

Author:パチンコ賭博追放運動
連絡先
patituimv@gmail.com

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。