Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/537-3d273496

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

竹島学習でスタート!大人の教育再生(生涯学習)

竹島学習でスタート!大人の教育再生(生涯学習)
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ にほんブログ村←応援クリックお願いします

o0800113211222992737[1]
↑クリックで拡大します。

現在、中学生は「竹島は日本の固有の領土」だということを学校で習っている。学校で習わなかった大人は、子どもからバカにされないよう自分で学習しなくてはならない。竹島学習は大人の教育再生(社会教育や生涯学習)に役立つ。きっと地方再生・町おこしに繋がるとおもう。

ネット上に「下條先生の反論レポート『韓国が知らない10の独島の虚偽』」が公開されている。なぜ、韓国の主張が間違っているか、論理的に説明している。普通の市民が、このレポートを興味深く読めるようしたい。私も普通の市民で、ど素人だから、論理的な文章に興味がなかなか湧かないのはよく解る。でも、最初は興味が湧かなくても、投げ出さないで続けていれば興味が湧いくる。
・・・・・
それにしても、大切なのはとにかく始めることだ。そういうわけで、『韓国が知らない10の独島の虚偽』の文章の特徴をあげてみたい。

①「なぜ」と問いかける。
②「では」、「ではなぜ~」と論を展開する。
③「なぜなら~だからだ」と呼応表現で論証する。
④「~だからだ」と論証する。
・・・・・

①「なぜ」
そこで東北アジア歴史財団による歴史捏造の実態を明らかにし、竹島問題がなぜ解決しないのか、その背景を明らかにすることにした。
☆東北アジア歴史財団とは、韓国の「独島研究所」のこと。

・・・・・

②「ではなぜ~」
ではなぜ、引用文は改竄されたのであろうか。
ではなぜ、東北アジア歴史財団は「この州」を隠州と解釈したのか。

・・・・・
③「なぜなら~からだ」
なぜなら朝鮮時代の文献に記録された于山島には、二つの于山島があったからだ。

なぜなら「元谷村」条で、「隠州は戌亥(北西)の極地」とした「北西」と、「国代記」の「日本の北西の地」とでは、「西北」とする基点が全く異なるからだ。

なぜなら幕府が米子の町人に与えた「渡海免許」には、「竹嶋(欝陵島)江先年船相渡之由候」と明記され、渡海を禁じた奉書には「向後、竹嶋江渡海之儀、制禁可申付旨、被仰出候」と記されているが、独島(竹島)については全く触れられていないからだ。

なぜなら『新増東国輿地勝覧』の于山島は、『太宗実録』(注7)の記事に由来し、分註にも「一説、于山、欝陵本一島」と注記されているように、欝陵島の別称だったからである。

・・・・・
④「~からだ」
(1)では、韓国側が竹島を朝鮮時代の于山島とする根拠としてきた『東国文献備考』の記述には改竄がなされていた事実を指摘しているが、それに対する反論ができずにいるからだ。

中央集権的な社会体制の歴史を持つ朝鮮半島では、国家権力によって歴史を編纂する伝統があり、文献的な論拠ではなく、私撰の地図には証拠能力がないとする先入見で『改正日本輿地路程全図』を解釈しているからだ。

東北アジア歴史財団が『改正日本輿地路程全図』を解釈し、長久保赤水が欝陵島を朝鮮領と認識していたとするためには、長久保赤水が何を根拠に竹島(欝陵島)と松島(竹島)を描いたのか、文献を挙げて実証する作業が欠かせないからだ。

長久保赤水は付記によって、欝陵島を日本領としているからだ。

外務省が作成した「竹島(鬱陵島)と松島(独島)が朝鮮付属となった事情」といった報告書は、存在しないからだ。

その中に東経131度55分の竹島が含まれていないことは、自明だからだ。

「朝鮮東海岸図」には、破線で描かれた竹島、松島、それに今日の竹島となるリアンクール岩礁が描かれているからだ。

それを東北アジア歴史財団では、『世宗実録地理志』の「于山、武陵二島在縣正東海中」を「于山(独島)と武陵(欝陵島)二島が県の正東の海中にある」と読み、論証もせずに于山島を独島と決め付けているからだ。

『世宗実録地理志』は地誌編纂の方針に従って記述されており、欝陵島を管轄する蔚珍県から欝陵島が「眺めることができる」、と解釈しなければならないからだ。

1711年、欝陵島捜討に赴いた三陟営将の朴錫昌が『欝陵島図形』を作成し、その中で竹嶼に「所謂于山島」と注記したことから、竹嶼が于山島と称されることになったからだ。

朝鮮ではその安龍福の密航事件を機に、「欝陵島図形」(写真1)が作成され、欝陵島と于山島(竹嶼)の二島が描かれた『廣輿図』(写真2)『海東地図』等が流布していたからだ。

竹島は朝鮮領の欝陵島であるとした対馬藩の進言を容れ、幕府が竹島(欝陵島)への渡海を禁じたからだ。

これは名古屋大学の池内敏氏が「この州」を隠州(隠岐国)と読んだため、それを奇貨としているからだ。

池内氏が根拠とした「隠州戌亥之極地」の一文は、齋藤豊仙が元谷村の日月祭について私見を述べた次の按語の中にあり、そこには「隠州戌亥之極地」を解釈する上で重要な記述があるからだ。

鳥取藩の返答の中に、「松平新太郎領国の節、御奉書をもって仰せ付けられ候旨承り候」(松平新太郎が鳥取藩の領地を与えられた時、奉書によって渡海が許されたと聞いている)とあることでも明らかなように、竹島(欝陵島)と松島(竹島)は、鳥取藩の領地ではなかったからだ。

そこでの松嶋(竹島)は、竹嶋(欝陵島)に渡る道筋の島として、明記されているからだ。

竹嶋江渡海之筋ニ在之嶋ニ而御座候」と記され、松嶋(現、竹島)を「欝陵島に渡る道筋に在る島」と、明記しているからだ。

幕府が渡海禁止とした欝陵島に独島(竹島)が含まれていたとすれば、日本側は元禄九年(1696年)の時点で、竹島を日本領から除外したことになるからだ。

于山は則ち倭の所謂松島(現、竹島)なり」と、記されているからだ。

于山は則ち倭の所謂松島なり」の記述がなく、『新増東国輿地勝覧』の当該箇所を引用して、「一説、于山、欝陵本一島」とあったからだ。

「松島は于山島だ」とした安龍福も、対馬藩での取調べでは、于山島を欝陵島の東北にある島と供述していたからだ(注5)。

安龍福は、越境侵犯の生き証人だったからだ。

元禄六年の鳥取藩は、朝鮮漁民の欝陵島侵犯を幕府に訴え、幕府の命で罪人安龍福を長崎奉行所に移送する立場にあったからだ。

備辺司の取り調べに対し、漂着したと供述した安龍福は、隠岐島では「伯耆様江御断之儀」があるとし、鳥取藩で訴訟するためとしていたからだ。

そこでは島項が鼠項島[So moku Somu]と表記され、これを伝統的な漢文の発音表記法の反切で読むと、鼠項島(「Soku=石」島)は石島と読めるからだ(鼠[S(o)]の最初の母音o と、項[(m)oku]の最初の子音m が除かれ、鼠項の「S(o)(m)oku 」は「Soku=石」となって石島となる)。

それは反切で鼠項島を読むと、石島となるからだ。

欝島郡守の沈興澤が、江原道観察使署理春川郡守の李明来に「本郡所属の独島は、外洋百余里の外に在る」と報告して2ヵ月後、内部は「勅令第41号」を根拠に、欝島郡の管轄範囲を「合わせて二百余里」としたからだ。

事実、「大韓毎日申報」(1906.5.1)と「皇城新聞」(1906.5.9)等の報道は、島根県が欝陵島で行なった「地界の潤狭と戸口」調査を、独島で行なったかのような、誤報をしているからだ。

・・・・・

<リンク>
下條先生の反論レポート「韓国が知らない10の独島の虚偽」
http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima04/dokutonokyogi/dokutonokyogi10.html

第1回 「日本は古くから竹島の存在を認識していました。」(日本の外務省)の正当性 (平成23年6月2日掲載)
http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima04/dokutonokyogi/dokutonokyogi10-1.html

第2回 「韓国が古くから竹島を認識していたという根拠はありません。」(日本の外務省)の正当性(平成23年6月20日掲載)
http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima04/dokutonokyogi/dokutonokyogi10-2.html

第3回 「日本は、欝陵島に渡る船がかり、漁採地として竹島を利用し、遅くとも17世紀半ばには、竹島の領有権を確立しました。」(日本の外務省)の正当性(平成23年7月20日掲載)
http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima04/dokutonokyogi/dokutonokyogi10-3.html

第4回 「日本は17世紀末、欝陵島への渡航を禁止しましたが、竹島への渡航は禁止しませんでした。」(日本の外務省)の正当性(平成23年9月30日掲載)
http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima04/dokutonokyogi/dokutonokyogi10-4.html

第5回 「韓国が自国の主張の根拠として用いている安龍福の供述には、多くの疑問があります。」(日本の外務省)の正当性(平成23年10月19日掲載)
http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima04/dokutonokyogi/dokutonokyogi10-5.html

第6回 「日本政府は、1905年、竹島を島根県に編入して、竹島を領有する意思を再確認しました。」(日本の外務省)の正当性(平成24年2月7日掲載)
http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima04/dokutonokyogi/dokutonokyogi10-6.html
・・・・・・・・・・
続きます
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/537-3d273496

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パチンコ賭博追放運動

Author:パチンコ賭博追放運動
連絡先
patituimv@gmail.com

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。