Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/523-0818fd6e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

韓国は竹島の存在さえ知らなかった

韓国は竹島の存在さえ知らなかった
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ にほんブログ村←応援クリックお願いします

o0800113211222992737[1]
↑クリックで拡大します。

韓国が竹島を不法占拠していることについて、最近ずっと調べて思うことを書きます。
「朝鮮は竹島を于山島と認識していた。
そして、于山島は鬱陵島の属島という認識だ。
ところが現在韓国が不法占拠している実際の竹島(松島)は鬱陵島の属島ではなく、鬱陵島から東南方向に92km離れた絶海の孤島だった。
朝鮮は松島(現在の竹島)を見たことがなかった。
鬱陵島の属島という先入観で四方を見まわしたところで、92kmはなれた竹島には、考えが及ばず、まず、気がつくはずもなかった。
ここで、いつごろまで気が付かなかったのかの疑問が湧いてきた。
いつごろ、朝鮮は松島(現在の竹島)の存在を知ったのか?
といえば日本の明治時代になっても、まだ朝鮮は松島(竹島)の存在すら知らなかった。」
・・・・・・・・
こういうことではないでしょうか。

今、読んでいる本です。
竹島は日韓どちらのものか竹島は日韓どちらのものか
(2004/04/21)
下條 正男

商品詳細を見る

ところが、前節で見てきたように、李奎遠が鬱陵島踏査を行った1882年5月の時点でも、朝鮮側が鬱陵島の属島として認識していたのは傍近の小島(竹嶼)までで、今日の竹島にはその存在にすら気づいていなかった。

118ページ
・・・・・
外務省の『竹島問題を理解する10のポイント』の『ポイント2』です。
ポイント1~2

[ポイント2]韓国が古くから竹島を認識していたという根拠はありません。

韓国が古くから竹島を認識していたという根拠はありません。例えば、韓国側は、朝鮮の古文献『三国史記』(1145年)、『世宗実録地理誌(せそうじつろくちりし)』(1454年)や『新増東国輿地勝覧(しんぞうとうごくよちしょうらん)』(1531年)、『東国(とうごく)文献備考』(1770 年)、『萬機要覧(ばんきようらん)』(1808年)、『増補文献備考(ぞうほぶんけんびこう)』(1908年)などの記述をもとに、「鬱陵島」と「于山島」という二つの島を古くから認知していたのであり、その「于山島」こそ、現在の竹島であると主張しています。


しかし、『三国史記』には、于山国であった鬱陵島が512年に新羅に帰属したとの記述はありますが、「于山島」に関する記述はありません。また、朝鮮の他の古文献中にある「于山島」の記述には、その島には多数の人々が住み、大きな竹を産する等、竹島の実状に見合わないものがあり、むしろ、鬱陵島を想起させるものとなっています。


また、韓国側は、『東国文献備考』、『増補文献備考』、『萬機要覧』に引用された『輿地志(よちし)』(1656年)を根拠に、「于山島は日本のいう松島(現在の竹島)である」と主張しています。これに対し、『輿地志』の本来の記述は、于山島と鬱陵島は同一の島としており、『東国文献備考』等の記述は『輿地志』から直接、正しく引用されたものではないと批判する研究もあります。その研究は、『東国文献備考』等の記述は安龍福の信憑性(しんぴょうせい)の低い供述(5.参照)を無批判に取り入れた別の文献(『彊界考(きょうかいこう)』(『彊界誌』)、1756年)を底本にしていると指摘しています。

なお、『新増東国輿地勝覧』に添付された地図には、鬱陵島と「于山島」が別個の2つの島として記述されています。もし、韓国側が主張するように「于山島」が竹島を示すのであれば、この島は、鬱陵島の東方に、鬱陵島よりもはるかに小さな島として描かれるはずです。しかし、この地図における「于山島」は、鬱陵島とほぼ同じ大きさで描かれ、さらには朝鮮半島と鬱陵島の間(鬱陵島の西側)に位置している等、全く実在しない島であることがわかります。
「新増東国輿地勝覧…八道総図」(写し)


八道総図

・・・・・・・

日本は、江戸時代初期からすでに、米子の町人が幕府の許可を得て、鬱陵島、松島(現在の竹島)に往来していた。しかし、朝鮮は1882年(明治15年)になってもまだ、竹島の存在すら知らなかった。だから
韓国には竹島を占拠する歴史的根拠はないのだ!


・・・・・・・・・・
続きます
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/523-0818fd6e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パチンコ賭博追放運動

Author:パチンコ賭博追放運動
連絡先
patituimv@gmail.com

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。