Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/503-e7c6b0e1

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

尖閣を守る為、占領憲法をどうするか?

尖閣を守る為、占領憲法をどうするか?
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ にほんブログ村←応援クリックお願いします

o0800113211222992737[1]
↑クリックで拡大します。

・・・・・・

尖閣北方に中国軍艦2隻 周辺での中国軍の活動判明
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120920/plc12092013040013-n1.htm
2012.9.20 13:03 [尖閣諸島問題]
 沖縄県・尖閣諸島の北方海域に中国海軍のフリゲート艦2隻が展開していることが20日、分かった。複数の政府高官が明らかにした。政府による尖閣国有化後、尖閣周辺での中国軍の活動が判明したのは初めて。
 2隻とも日本領海やその外側に設けられた接続水域内には入ってきていない。
 藤村修官房長官は同日午前の記者会見で「接続水域外についても、中国の船舶の動向は関心を持って情報収集を行っている」と述べるにとどめた。
 各国が独自基準で呼称するが、フリゲート艦は米海軍では大型の巡洋艦と小型の駆逐艦の中間の役割を担い、対潜水艦戦に重点を置く。中国のフリゲート艦は平成20年10月、戦闘艦艇として初めて津軽海峡を通過している。

・・・・・・
とうとう人民解放軍が軍艦を派遣し尖閣諸島を奪いに来ました。
いままで「日中友好」などと暢気なことを言っていた日本人も支那の危険性に気が付いたことでしょう。
シナ中国の機嫌を伺う反日マスコミの偏向報道のせいで、支那にたいする危機意識がぼやけていました。
この度の反日暴動やそれに次ぐ軍艦の派遣を目の当たりにして日本人の国防意識が目覚めてくる。
日本の防衛のこと、いまの占領憲法をどうするかなどを議論できる国民がもっと増えてほしいと思っていました。

現行憲法(占領憲法)9条
1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

9条2項で「国の交戦権はこれを認めない。」と規定していますが、
じゃあどうやって我国領土の尖閣諸島を守るかという言う話です。
それが「日本国憲法無効宣言」です。
(H24/8/25福岡) 日本国憲法無効宣言/「真正護憲論」を語る 南出喜久治

日本国憲法無効宣言―改憲・護憲派の諸君!この事実を直視せよ日本国憲法無効宣言―改憲・護憲派の諸君!この事実を直視せよ
(2007/04/19)
渡部 昇一、南出 喜久治 他

商品詳細を見る

『日本国憲法無効宣言』渡辺昇一、弁護士・南出喜久治_ビジネス社
「第二部 そもそも憲法とはなにか」より

占領憲法(現行憲法)の中には大和言葉を国語とするなんて規定はないわけです。日の丸・君が代を国旗国歌とするという文言もない。だから日の丸・君が代は国旗国歌法という法律を作った。法律を作ったのだから逆に言えばいくらでも廃止できる。大和言葉を廃止しましょう、英語を公用語にしようという法律は、いくらでも作れるわけでしょう。だけどそれを占領憲法違反だということは言えないじゃないですか。
・・・
そういうことから言うと、大和言葉を廃止するということに関して、法的な抑制が何もないじゃないですか。そうすると憲法を超えたところの文化・伝統というものに最高の規範性を認めない限り、ただ単に紙に書かれたものがすべて憲法だと言ってしまうと話にならない。
私の親父が遺言で、「教育勅語を復活せよ」と言った意味は、僕もそうですが、帝国憲法のみを憲法と思っていないからです。教育勅語もそうだし、五箇条のご誓文もそうだし、『古事記』『日本書紀』、聖徳太子まで遡って、それが憲法の総体なんだということです。


・・・・・・・・・・
続きます
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/503-e7c6b0e1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パチンコ賭博追放運動

Author:パチンコ賭博追放運動
連絡先
patituimv@gmail.com

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。