Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/461-d0949aa8

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

益田市バイオマスタウン構想~アルコールで走る車

益田市バイオマスタウン構想~アルコールで走る車
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ にほんブログ村←応援クリックお願いします

o0800113211222992737[1]
↑クリックで拡大します。

平成24年7月1日、再生可能エネルギーの固定価格買取制度が始まります。
再生可能エネルギーとは、太陽光、水力、風力、地熱、バイオマスですが、益田市はバイオマスタウン構想の自治体でした。
最近はガソリン値段がホントに高く、1リッター140円台です。高いガソリン代が生活を圧迫する。
バイオマスで、何か良い情報はないかと検索していたら、アルコールで走るフレックス車というのがありました。
近い将来ガソリンの代わりに、益田市の山林や農業用地のバイオマスから生産したエタノールが使用されるようになるかもしれません。
・・・・・・・・・・
フレックス燃料車ーWikipedia

フレックス燃料車はセンサーで混合物を検知してコンピュータで燃料の供給量を調整するので、どのような比率で燃料を混合しても走行が可能である。
フレックス燃料車の中でもっとも多いのはエタノールフレックス燃料車で、2008年中旬時点でアメリカ(730万台)、ブラジル(620万台)、カナダ(60万台)、スウェーデンを主とするヨーロッパ(12万6,500台)の4市場合計で1,400万台が生産された。
エタノールフレックス燃料車はガソリン100%からエタノール100% (E100) のどのような混合比においても走行が可能になるような技術が存在するが、北米とヨーロッパのフレックス燃料車は最高でガソリン15%と無水エタノール85%の混合燃料 (E85) での走行までが可能である。

・・・・・・・・・・

益田市のHPです。
http://www.city.masuda.lg.jp/soshiki/173/detail-6722.html

益田市バイオマスタウン構想の公表について
バイオマスタウン構想が農林水産省より公表されました。 
本市は、県内市町村の中でも最大の面積を有し、森林の占める割合が87%と広大な森林資源があり、また、畜産業も県内有数の規模を誇る中で、家畜排せつ物についてはほぼ100%の利活用が図られていますが、林地残材などの木質バイオマスについての利活用が進んでいない状況にあります。
 そうした中で、森林資源、家畜排せつ物などを中心とした資源の有効利用を図り、地域産業の創出を推進するとともに、地域循環型社会を構築しCO2の削減を図ることによる地球温暖化の抑制、また、住民が環境やバイオマスに対して関心を持つことによる積極的な環境保護活動への取組みの啓発を図ることを目的とし、益田市のこれからのバイオマスに対する取組みの指針として「益田市バイオマスタウン構想」を策定し、バイオマス・ニッポン総合戦略推進会議(内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)の審査を経て、平成22年3月31日に農林水産省より公表されました。
 
バイオマスとは
 生物資源(bio)の量(mass)を表す概念で、一般的には「再生可能な、生物由来の有機性資源(*林地残材や木質系廃材、家畜排せつ物、生ごみなど)で化石資源(*石炭、石油など)を除いたもの」をバイオマスと呼んでいます。 

バイオマスタウンの概要
 この構想は、国において策定した「バイオマス・ニッポン総合戦略(平成14年12月閣議決定)」に基づいて、これまで生活基盤のなかで石油を代表とする化石資源に依存してきた社会を転換していくため、また環境への負荷が少ないエネルギーの利活用を促進し、同時に環境にやさしい製品を生産・使用することで、地球温暖化、廃棄物、有害物質等の様々な環境問題への取組みを具体的に実現していくために策定されたものです。この構想を実現することにより、主に次のような効果が期待されます。

(1)地球温暖化の防止
カーボンニュートラル」(*1)な資源であることから、温室効果ガスの排出抑制が期待されます。
(2)循環型社会の形成
「資源使い捨て社会」から「資源リサイクル社会」への移行の促進が期待されます。
(3)戦略的産業の育成
バイオマスを利用した「新たな産業」の創設が期待されます。
(4)農山漁村の活性化
「エネルギーや素材の供給」という新たな役割が期待されます。
(*1)バイオマスは有機物であるため、燃焼させると二酸化炭素が排出されるが、これに含まれる炭素は、そのバイオマスが成長過程で光合成により大気中から吸収した二酸化炭素に由来することから、バイオマスを使用しても全体として見れば大気中の二酸化炭素量を増加させていないと考えられる。この性質をカーボンニュートラルと呼ぶ。

・・・・・
バイオマスから生産されるもの
Wikipedia

利用形態
乾留ガス化発電方式による発電
ボイラーによる蒸気回収
アルコールを中心とした利用(利用形態・経済性についてはアルコール燃料の項も参照)

供給形態
家畜等糞尿などからのメタンの精製(バイオガス)
木質廃材などセルロース系からのエタノールの抽出
廃食用油などの自動車燃料化
生物起源の可燃廃棄物(廃棄物固形燃料、木質ペレット)などの直接燃焼
木質バイオマス発電
木質バイオマスのガス化による水素、合成ガス、メタノールの生成
製紙パルプ製造工程での黒液バイオマス発電(ソーダ回収ボイラー)


・・・・・・・・・・
続きます
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ
にほんブログ村


ランキングに参加しています。応援宜しくお願いします
↓↓↓FC2ランキング


↓↓↓人気ブログランキング
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/461-d0949aa8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パチンコ賭博追放運動

Author:パチンコ賭博追放運動
連絡先
patituimv@gmail.com

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。