Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/460-5bf37764

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

松江のNPO法人_バイオ技術を福島県で活用

松江のNPO法人_バイオ技術を福島県で活用
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ にほんブログ村←応援クリックお願いします

o0800113211222992737[1]
↑クリックで拡大します。

バイオエタノール:製造技術、放射性物質除染に活用 松江のNPO、福島で実験 /島根
毎日新聞 6月14日(木)14時57分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120614-00000154-mailo-l32

◇セシウム吸収の水稲精製し作業車燃料に 搾りかすで発電も
松江市のNPO法人「しまねバイオエタノール研究会」は13日、バイオエタノール製造技術を福島県内の放射性物質の除染に活用する実験を始めたと発表した。東京電力福島第1原発事故の影響で出荷できない水稲をエタノールに精製し、現地の作業車の燃料として活用。精製過程でできる搾りかすを燃やして発電する計画で、被災地におけるエネルギーの“地産地消”を目指す。【曽根田和久】
 環境省の補助を既に受けており、7月から複数の企業と共同で、実証実験を本格的に開始する。
 福島県内では、11年度産の米から1キロ当たり500ベクレル超のセシウムが検出された地域で作付けが制限され、100ベクレル~500ベクレルの地域では収穫後の全袋検査を条件に作付けを容認している。
 研究会などは、水稲が土壌のセシウムを吸収していることに着目。11年産米を福島県内の牧場に置いた研究会開発の装置でエタノールに精製。搾りかすは同県いわき市のガス化炉で燃やし発電に利用する。燃焼でできるタールと排気に含まれるセシウムは、新開発の除去装置で取り除くという。
 また、吸収率が高く、バイオエタノールの原料になるイネ科の「スイートソルガム」を田畑で栽培し、土壌を除染する計画も立てた。
 全域が警戒区域に設定されている同県富岡町との連携も目指す。研究会の和泉敏太郎・理事長は「エタノールは、警戒区域内の除染に使う作業車の燃料にもなる。発電に結びつけることで、新たな雇用も生み出す」と意義を語る。
6月14日朝刊

・・・・・・・・・・
この記事は福島県での除染の事だが、福島以外の地域でも参考になる。
・水稲をエタノールに精製し、現地の作業車の燃料として活用
・精製過程でできる搾りかすを燃やして発電する
・エネルギーの“地産地消”を目指す
・エタノールは、警戒区域内の除染に使う作業車の燃料にもなる。
・発電に結びつけることで、新たな雇用も生み出す

「エネルギーの“地産地消”を目指す」、「新たな雇用も生み出す」バイオエタノール製造技術なら、行政主体の取り組みが期待される分野だ。

【追記】
カテゴリー「再生可能エネルギー」を追加しました
●太陽光発電は原子力発電にとって代わるもではない。
●輸入の石油依存度を減らす為にバイオマスは有効

・・・・・・・・・・
続きます
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ
にほんブログ村


ランキングに参加しています。応援宜しくお願いします
↓↓↓FC2ランキング


↓↓↓人気ブログランキング
人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/460-5bf37764

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パチンコ賭博追放運動

Author:パチンコ賭博追放運動
連絡先
patituimv@gmail.com

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。