Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/354-20326ea9

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

【動画】拝金主義を超えた政治_「牛庵覚書」を読む

【動画】拝金主義を超えた政治_「牛庵覚書」を読む
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ にほんブログ村←応援クリックお願いします


o0800113211222992737[1]
↑クリックで拡大します。

「牛庵覚書」を読みます。牛庵は益田城第20代当主益田元祥(1558-1640)の号で、この「牛庵覚書」は牛庵が毛利輝元に提出した文書を明暦4年(1658)筆録したものです。好奇心に任せて、あちらこちら、行ったり来たりしながら、何度も読みます。





動画説明文
金が儲かりさえすれば、自分たちだけ良ければそれでいいという考えが拝金主義ですが、この「拝金主義」を切り捨てた戦国武将が益田にいました。益田氏20台当主で七尾城主の益田元祥(ますだもとよし)。元祥は関ヶ原の合戦では西軍に加わり負け戦でした。しかし、大御所・徳川家康は早くから、元祥が武勇と行政手腕に抜きん出た武将であると知っていました。関ヶ原の合戦後、天下人・徳川家康は益田元祥を引き抜こうとしましたが、元祥はこれを断っています。「いままで通り本領を安堵してやるから家臣になれ」といわれましたが、元祥は天下人の引き抜きに動じませんでした。益田元祥が「拝金主義者」だったら引き抜かれたでしょうが、これを断ったということを知って益田元祥に興味が湧きてきました。


牛庵覚書 ダウンロード
http://www.geocities.jp/susakyodoshi/edition017_07_11/masino10_7.pdf

(牛庵覚書抜粋)

大坂西の丸を木津へ御下城にて御座候砌、大御所様(徳川家康)御内証の由
候て、大久保石見殿・彦坂小刑部殿、数寄者少庵を使いにて申され候は、
(毛利)輝元二か国の御身上にて、余人も入り申す間敷候条、
修理(益田景祥河内守)を付け候て輝元へ相届け、玄蕃(益田元祥)事は石見
に居留まり、奉公申し上げ候え、然らば先の知行残らず下さる可くの通り
仰せ出られ候、我等御返事申す様には、かたじけなく御諚共に御座候、慥に
承り届き候、御意の如く、輝元当分人も入り申さず節、其の上、我等事は
毛利家の譜代にても御座無く候、石見の国付きの者にて御座候条、居留まり御
奉公申し上ぐ可く候えども、近年、輝元大分知行くれ置かれ候条、其の恩送り
には一身の仕合わせにても相勤め可く覚悟に候条、其の御理仰せ上げられ下さ
れ候え・・・


----------
まちづくり基本条例・・・・・地域振興課推進
益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1
Tel:0856-31-0100(代表)
地域振興課
Tel: 0856-31-0607(直通)
Fax: 0856-23-5001

・・・・・・・・・・
続きます


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 益田情報へ
にほんブログ村


ランキングに参加しています。応援宜しくお願いします
↓↓↓FC2ランキング


↓↓↓人気ブログランキング
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/354-20326ea9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パチンコ賭博追放運動

Author:パチンコ賭博追放運動
連絡先
patituimv@gmail.com

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。