Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/216-d04073da

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

赤松口蹄疫 種雄牛49頭殺処分へ

赤松口蹄疫 種雄牛49頭殺処分へ
 人気ブログランキングへ←応援クリックお願いします

殺処分回避を要請の種牛49頭の2頭が口蹄疫
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100528-00000401-yom-soci
5月28日10時50分配信 読売新聞

・・・・・・・・・・

本日は、4月20日の口蹄疫発生から、畜産復興の希望であった種雄牛49頭殺処分まで振り返ってみます
それにしても、宮崎の畜産農家の無念を考えると、無能な民主党政権に怒りがこみ上げてくる。
・・・・・
まず動画からはじめます。

<活動報告>農水省前・赤松大臣は辞任せよ! 
農水省の役人は正義の為に立ち上がれ!
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52493340.html

赤松口蹄疫事件を徹底糾弾! IN農水省前 その1


赤松口蹄疫事件を徹底糾弾! IN農水省前 その2

(動画は「せと弘幸Blog『日本よ何処へ』 」より転載。)

・・・・・・・・・・
ここからは口蹄疫感染確認 ~ 種雄牛49頭殺処分への経過です。

赤松の発言と行動
4月20日 宮崎県で10年ぶりに口蹄疫感染確認。赤松農水相、
宮崎選出の外山いつきから消毒液が足らない報告を受ける

4月27日 東国原知事、赤松農水相や谷垣自民党総裁に支援要請

4月30日 赤松農水相は夕刻に南米へ外遊出発

5月10日 赤松広隆農林水産相が現地入り
宮崎市の九州農政局宮崎農政事務所で記者会見

5月11日 赤松農相は11日の会見で、
「風評被害やまん延防止の観点から
(視察を)控えていた」と釈明

5月18日 赤松農相、「私自身はやってきたことに全く反省、
おわびすることはないと思っている」
「今、とりたててやらなければいけないということはない」

5月19日 赤松農水相、
「具体的に(私の)どこが間違っていたのかを教えてほしい」

5月25日 赤松農水相 口蹄疫問題で陳謝

5月28日 種雄牛49頭殺処分へ
赤松農水相「だから早く殺せって言ってるのに」(←笑顔)

・・・・・・・・・・
Loopy鳩山首相の足取り
5月1日 宮崎県、自衛隊に災害派遣要請を行う
家畜の殺処分は8000頭超へ
総理、熊本県水俣慰霊式に出席、
イグサ農家を視察
宮崎はスルー

5月4日 感染19例目確認:殺処分27000頭突破
総理、普天間問題で沖縄訪問
宮崎はスルー
舟山農林水産大臣政務官、デンマーク出張

5月17日 政府口蹄疫対策本部(本部長=鳩山由紀夫首相)発足

5月26日 鳩山首相はワクチンを接種した家畜を、
強制的に処分する法整備に取り組む意向

・・・・・・・・・・
4月20日~5月28日まで 
口蹄疫感染確認 ~ 種雄牛49頭殺処分へ

4月20日 宮崎県で10年ぶりに口蹄疫感染確認
赤松農水相、
宮崎選出の外山いつきから消毒液が足らない報告を受ける

4月21日 政府から指示なし、仕方なく現地で対応
消毒薬は現地の組合が用意したが不足

4月22日 農水副大臣「現場の状況について今初めて聞いた」
http://www.youtube.com/watch?v=aJJMx9amET8

4月25日 殺処分の対象が1000頭を突破、過去100年間で最多

4月27日 東国原知事、赤松農水相や谷垣自民党総裁に支援要請

4月28日 国内初の「豚」への感染疑いを確認
自民党口蹄疫対策本部長の谷垣総裁、現場視察

4月29日 農水副大臣が宮崎県出張
現場には入らず生産者への面会もなし

4月30日 赤松農水相は夕刻に南米へ外遊出発

5月1日 宮崎県、自衛隊に災害派遣要請を行う
家畜の殺処分は8000頭超へ
総理、熊本県水俣慰霊式に出席、
イグサ農家を視察
宮崎はスルー

5月2日 1例目のウイルスが、
アジア地域で確認されているものと、
近縁であることを確認

5月3日 感染17例目確認:殺処分9000頭突破

5月4日 感染19例目確認:殺処分27000頭突破
総理、普天間問題で沖縄訪問
宮崎はスルー
舟山農林水産大臣政務官、デンマーク出張

5月5日 1例目から約70km離れたえびの市で感染確認、
合わせて感染23例、殺処分34000頭に

5月7日 小沢幹事長、宮崎県訪問
『選挙協力要請』のため東国原知事と会見予定

5月8日 赤松農水相帰国予定

5月9日 舟山政務官帰国予定

5月10日 赤松広隆農林水産相が現地入り
宮崎市の九州農政局宮崎農政事務所で記者会見

5月11日 赤松農相は11日の会見で、
「風評被害やまん延防止の観点から
(視察を)控えていた」と釈明

5月12日 川南町と都農町の豚と牛に新たに5例の感染疑い
確認された感染確定・疑い例は計76例、
殺処分対象は計7万8800頭

5月13日 種雄牛6頭を西都市へ移動

5月14日 14日の夕方、種牛が西都市到着

5月15日 宮崎県家畜改良事業団(高鍋町)で肥育牛に疑い例

5月16日 宮崎県家畜改良事業団(高鍋町)の
種雄牛49頭を含む計約1800頭を殺処分する方針

5月17日 政府口蹄疫対策本部(本部長=鳩山由紀夫首相)発足

5月18日 鳩山首相、「一定の部分は(問題が)あると思う」との認識
赤松農相、「私自身はやってきたことに全く反省、
おわびすることはないと思っている」
「今、とりたててやらなければいけないということはない」

5月19日 都農町や川南町、高鍋町、新富町の4町の発生農家から、
半径10キロ以内の全家畜に、
ワクチンを打ったうえで殺処分検討
赤松農水相、
「具体的に(私の)どこが間違っていたのかを教えてほしい」

5月20日 衆・本会議 自由民主党 江藤拓議員、
政府の初動の遅れが被害拡大の原因だとして
赤松農相の責任を追及

5月21日 エース「忠富士」が口蹄疫感染
政府、国連専門家チーム受け入れ拒否(英文毎日)

5月22日 東国原知事、
殺処分対象となっている種雄牛49頭の「助命」を
国に掛け合う考えを示す

5月23日 山田正彦副大臣が、
宮崎牛ブランドの次世代を担う種雄牛49頭を
「殺処分しないとおかしいと思う」

5月24日 山田正彦農林水産副大臣、
49頭の種牛殺処分する方針

5月25日 赤松農水相 口蹄疫問題で陳謝

5月26日 鳩山首相はワクチンを接種した家畜を、
強制的に処分する法整備に取り組む意向

5月27日 口蹄疫対策特別措置法案が
衆院本会議で可決

5月28日 種雄牛49頭殺処分へ
赤松農水相「だから早く殺せって言ってるのに」(←笑顔で)

・・・・・・・・・・


ランキングに参加しています。応援宜しくお願いします
↓↓↓FC2ランキング


↓↓↓人気ブログランキング
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/216-d04073da

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パチンコ賭博追放運動

Author:パチンコ賭博追放運動
連絡先
patituimv@gmail.com

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。