Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/103-681a015f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

自虐教科書 屈服と謝罪の連続

自虐教科書 屈服と謝罪の連続
 人気ブログランキングへ


教科書事件史2

↑上の段から、首相、内閣成立年月日、教科書や歴史観関連の出来事


現在の歴史教科書の「自虐」の背景を、ネットで調べてみることにしました。
以下の文章で、青い太字の部分はすべて、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用となります。
1982年(昭和57年) 近隣諸国条項。
1993年(平成5年)河野談話。
1995年8月15日 村山談話。
2007年9月29日 沖縄戦集団自決命令問題。
宜野湾市で県民大会。(参加者2万人弱を、11万人と捏造)

1982年(昭和57年) 近隣諸国条項。Wikipedia
・・・・・・
近隣諸国である中国・韓国・北朝鮮の教科書作成に関し同様の規定がないことを問題とする見解もある。
・・・・・・

1993年(平成5年)河野談話。Wikipedia
・・・・・・
当時の従軍慰安婦問題は、吉田清治の証言した慰安婦狩りのような慰安婦の強制連行(いわゆる狭義の強制性)の有無が焦点のひとつとなっていたが、日本政府は更に調査を行い河野談話の発表にいたったものである。

この調査では日本軍が慰安婦の強制連行を行なっていたとする書類資料は発見されなかったが、政府は元慰安婦への聞き取りなどを実施し総合的に判断しこの談話の発表を行った。
・・・・・・

1995年8月15日 村山談話。Wikipedia
・・・・・・
閣議決定後の記者会見の席で、記者から「国策を誤った」との言及に関連して、どの内閣が誤ったのかとの質問を受けたが、村山は答えられずしばし絶句してしまった。
・・・・・・

沖縄戦における集団自決 
軍の強制を否定・疑問視する立場 Wikipedia
・・・・・・・・
渡嘉敷島における「集団自決」について、赤松嘉次隊長による命令によるものという沖縄で言われてきたことに対し、それを否定したのが曽野綾子著『ある神話の背景』である。

同書の中で曽野は、隊長命令説の根拠が曖昧で疑わしいことを、赤松元隊長や隊員への取材や渡嘉敷島現地での取材を通して明らかにしたとする。

曽野は「神と違って人間は、誰も完全な真相を知ることはできない」とし、「私は、直接の体験から『赤松氏が、自決命令を出した』と証言し、証明できた当事者に一人も出会わなかった」と言うより他はないとした。

この著書について仲程昌徳琉球大学法文学部教授は「この著書は公平な視点でルポルタージュされた「本土の作家の沖縄戦記」である。

曽野の調査が進んでいくにしたがって集団自決は疑わしくなっていくばかりではなく、ほとんど完膚なきまでにつき崩されて、「命令説」はよりどころを失ってしまう。

これまで集団自決のあらゆる著書で引用された『鉄の暴風』の集団自決を記載した箇所は、重大な改定をせまられた。」と評価した。
・・・・・・・・・


2007年月29日 宜野湾海浜公園県民大会 
主催者発表で11万人が参加したとされる超党派の県民大会が開催されたが、”実数は2万人たらずに過ぎなかった。
しかし、当時の福田内閣は、圧力に屈服し、異例の再検定となった。

=============================
ネットで調べてみると、現在の歴史教科書の成立プロセスに反日や左翼が入り込んでいるのがわかります。

このような教科書で、歴史が得意になるにはどうしたらいいか?
気分が悪くなるような、自虐的な文章が出てきたら、まともに読むばかりでなく、
想像力を働かせて、背景や裏側まで読んだり、調べたりすると結構いい勉強になるかもしれません。


ランキングに参加しています。応援宜しくお願いします
↓↓↓FC2ランキング


↓↓↓人気ブログランキング
人気ブログランキングへ 





スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gengoshori.blog7.fc2.com/tb.php/103-681a015f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

パチンコ賭博追放運動

Author:パチンコ賭博追放運動
連絡先
patituimv@gmail.com

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。